エステに行こう!お客様とエステをつなぐエスてアパート

インターネットで「エステ」が買える|エスてアパート【エステティシャンを通じてお客様とエステをつなぐ】 インターネットで「エステ」が買える|エスてアパート【エステティシャンを通じてお客様とエステをつなぐ】
メンズエステ
「男だってキレイになりたい」今はそんな時代なのかもしれません。

エステは女性が行くもの。
この先入観は大きいですしサロンに女性のお客様がいた場合、
その視線は恥ずかしいモノです。
男性にとっては少なからず抵抗はありますし、女性の特権のような
イメージがエステにはあります。
ところが、各種データバンクの統計を見るとSPAの普及もあってか
男性の利用者は年々増えています。
同時に美容に興味を持つ男性の増加を伝える報道も時折見かけます。

「男だってキレイになりたい」今はそんな時代なのかもしれません。
しかも、サロンにとって場合によってはエステティシャンにとっても
女性客以上に男性客の増加はWelcomeなんです。なぜなら・・・

メンズエステのトレンド

メンズエステの定番は脱毛や痩身、若い方にはフェイシャルと概ね決まっています。
脱毛だったらヒゲ、痩身だったらお腹周りですし、顔であればニキビや脂性肌などの
トリートメントですね。それ以外では、リラクゼーション。
流行りというよりは、定番です。
それでも、来店の目的は少しずつ広がりを見せています。

顕著なのは“見た目”への意識です。

  • 例えば・・・
  • 営業マンが商談前に印象を良くするためにフェイシャルで顔色を明るくする。
  • ネイルでは甘皮を取り、爪をキレイに手入れする。(←男性は手が目立ちますからね。)

身だしなみ、印象を良くする手段としての美容が徐々に広まりつつあります。

また、今後の注目は何と言ってもメンタル面のリフレッシュでの利用です。
何年か前にL.A.の人気スパを10店ほど取材した時のことです。
さすがに繁盛しているだけあってコンセプトはユニークなものばかり。

その一つに、絶えず頭を使って気の休まる暇のないビジネスマンを一時的に日常から解放し、
『今だけ』に集中してもらうスパがありました。(何やら“禅”に通じるようなコンセプトですね。)

立地的に、昼休みなどにビジネスマンがメンタル面のリフレッシュや右脳活性化のため
頻繁に利用しているそうで、男女兼用で割合もちょうど50:50。

ストレス社会といわれて久しい日本。ナレッジワーカーの増加で同様の流れはきっと来ると
思います。ビューティーだけでなく、メンタルでも男性のエステ利用は今後、拡大するでしょう。

エステティシャンは男性客が好き!?

誤解がある表現ですので訂正しつつ、解説しましょう。

メンズエステで働くことに抵抗があるエステティシャンは多いです。
フェイシャルでヒゲにあたって手を痛めたり、ボディマッサージでは
強いマッサージが好まれるので、けんしょう炎になったりします。
けっこうな重労働です。
その上、中にはセクハラのお客さんも存在します・・・。
普通に考えれば、メンズエステの勤務は避けたいところです。
しかし、まったく抵抗がないどころか「メンズエステで働きたい」
エステティシャンも少なくないのです。

なぜなら・・・エステティシャンのアドバイスに従順だからです。

「男性のお客様は勧められるままにコースや商品を買ってくれる」とは彼女たちの弁。
売上を作らねばならないエステティシャンにとって、男性客は計算できるのです。
同じ1時間の施術で、体力はきつくても(女性に比べて)単価は高いですし、
痩身だとトータルでの契約単価も大きくなります。
お客様側にとってはたまったものではありませんが、ある意味、仕方ない部分なのかもしれません。

エステや美容に慣れていないから基準がわからないのです。
わからないから、そんなもんだと思えば言われるがままです。
もちろんミエもあると思いますが(笑)

いかがでしょう?少しは抵抗が薄まってきましたか?
それでも敷居が高いという人には足裏や理容サロン、スパ、フィットネスと併設のリラクゼーション
サロンを選択する方法もあります。

メンズエステの相場

同じ施術時間でも面積は広いし、体力面でも女性よりハード。
男性の場合、エステの相場で説明した女性の料金より
も2~3割高いのが普通です。
(特に痩身やボディリラクゼーション。)

美意識が開花した男性のためのエステとは?

この項は書くべきか正直迷いました。

誤解を与える可能性があるからです。しかし、エステティックは男も女も関係なく
全てに解放され、 広く利用されるべきというのが私たちの持論です。
私見も含まれていますので、その点をご理解の上、お読みください。

数年前、ある女性経営者から相談を受けました。
「ゲイのお客様だけど、施術する場所はないでしょうか?うちのサロンは女性専用なので
出来なくて・・・」

知人に聞いた話ですが、男性が美意識に開花するとその研究心たるや凄まじいらしいです。
美容に良いと聞けば片っ端から試すそうです。
アイデアも豊富で、顔に当てる美顔器をあえてお尻にコロコロしたり(笑)。
このように、美への欲求が高まると性別に関係なく「キレイになりたい」と思うのは自然なこと
かもしれません。

エステティックは女性専用、女性以外は入室禁止が一般的で美意識に目覚めた男性が大手を振って
いけるサロンが少ないのが現状です。
結局、場所を提供してくれるサロンを紹介したのですが、それは個人経営のサロンでした。
個人経営の場合、オーナーがエステティシャンを兼ねている事が多いですからけっこう融通が
ききます。問い合わせてみる価値はありそうです。