エステに行こう!お客様とエステをつなぐエスてアパート

インターネットで「エステ」が買える|エスてアパート【エステティシャンを通じてお客様とエステをつなぐ】 インターネットで「エステ」が買える|エスてアパート【エステティシャンを通じてお客様とエステをつなぐ】
はじめてのエステエステに行きたいけど行けない…。どこを選んだらいいかわからない。はじめて、エステを利用する時には皆さんけっこう悩んでいるようです。

<良く使う言葉>

■おためしコース
本契約をする前に、事前に内容を体験できる制度。
通常よりも金額が安く、お得な場合が多い
■会員
チケット契約をしているお客様を指すことが多い。
一般的に都度払いのお客様をビジターと呼びます。
■カウンセリング
営業のこと。
特に技術者と営業担当が分かれている場合に
用います。
内容によってプレカウンセリング、
アフターカウンセリングがあります。
■プレカウンセリング
はじめての来店時、最初に行います。
基本情報や体調、気になる事をヒアリングします。
お客様の要望を伝える場面でもあります。
■アフターカウンセリング
施術後に行うアドバイスのことです。
営業が行われる場面でもあります。
■キャンペーン
割引や回数のおまけなどお得なサービス。 年中やっているサロンもあります(笑)

 

■クーリングオフ
特定継続的役務の場合、書面交付から8日間は無条件に解約できる制度。
書面は内容が正しく、不備がないことが前提です
。 既にコースサービスを受けてしまったあとでも
対価を支払う必要はありません。
クーリングオフ期間内に商品を開封・使用していても同様です。
支払った金額は全て返還されます。
※特定継続的役務とは、契約期間が1か月を越えて、
支払総額が5万円以上のコース契約のこと。
金額には関連商品を含みます。
■施術(せじゅつ)
技術をおこなうこと。お手入れ。
■チケット契約
複数回契約のこと。
実際にはチケットなど現物はない場合が多い。
■保証
脱毛コース等でよく使います。
期間や効果保証などがあります。
■有効期限
多くの場合、チケット契約等には有効期限があります。有効期間内に消化して下さいというもので、 この期間を過ぎると契約書面等に不備がない限り中途解約は難しくなります。
一般的には、返金には応じられないが施術は行うサロンは多数あります。
※契約書に有効期限がないものは、理論上はずっと 有効です。
はじめてのエステTOPへ戻る